上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
あぢい。

溶けてミニマムサイズになりたい槙ですこんにちわ。
ミニマムてんこって見た目涼しくない?
そこ、十分小さいとか言わない。
サイズはちょびっツすももサイズでよろしく。
そのサイズってだけで絶対可愛い。笑


昨日はこべくんに会ってきました!
久々だったよーvv兄貴さん黒くなってたよー笑
えと、バイト長引きまして。
遅れてすいませんでした(土下座)
初対面なのに私が着いた頃にはすっかり仲良くなってたよこべタモ。笑
えがったえがった。


タモに誕生日プレゼントに手作りティラミスと
手作りミルクティプリン?もらいましたv
うっかり写メるの忘れてアプできませんが、美味しかったよ!!
うちではミルクティのが大好評でしたvv
タモ宅では不評だったようですが。笑
ありがとうございました!!
嬉しかったよでれでれ。
入れ物が緑色ですごっく可愛かった。
さすが私のことわかってらっさいますv笑



以下きっとウザく長くとことんウザくなる。笑

というわけで、いざキャッフェへv
残念ながらお目当ては二人ともいませんでした。爆
でもいいの、可愛いメイドさんいたの!
タモとニヤニヤでれでれしてました。
兄貴それ見て笑ってた。笑



中学時代の記憶がほとんどないことにビックリ。
そりゃそうだ、あんまいい思い出ないもの。
・・・と思っていたら、人様の笑える話がバンバン出てきて
腹を抱えて爆笑。マジ爆笑。苦しいほど爆笑。
ああもう懐かしかったー!
目の前に校舎とか教室とか廊下がよみがえりました。
中学生時代戻りたいとは思わないけど、
こうしてみれば嫌な思いでばっかじゃないんだなぁと。
うふふうふふ(キモい)

お腹いっぱいになったところで、オタクコース・メイトヘ。笑
こべくんがバイト先で必死に作ったピンキーが
全国のメイトに飾られているそうなので
見に行ってみよう!とご一行。
うん?いない。しゅん
やはり親元を離れたピンキーは戻ってこないんですよ。
旅立ったんだようんうん(何)
ところでBLEACHのグッズに謎を覚えました。笑


ピンキーたちはいなかったので、タモ用で本屋巡り。
いけないコーナーをあさる。笑
結局見つからなかったのでタモさんモヤモヤしてました。
そんなところにこべくんへお電話が。
これまた中学のときの友達!!!
「こうちゃん(こべくん)がてんこ(仮)に会うって聞いたから電話してみたv」
あゎゎゎ懐かしいー!大好きー!!
や、すいません大好きなのにド阿呆なワタクシは
「え?誰。」とかぬかしましたすいませんすいません!!
ちょっと声違ったよ全然わからなかったよでもきゅんとした!笑
今度遊ぼうねそれまで私のこと覚えててね!笑 て言われました。
もちろん!いやホント申し訳なー。笑
超でれでれしました。


そしてミニスカポリスのもとへ。爆
とりあえず兄貴を先頭に押しやり、ビクビクと前に進む一行。
ミニスカ現る。足細いよハァハァ。
「ここ3日前後に誕生日な方いらっしゃいますか?」
はぁぁぁいv笑
あれ、私去年もここで祝ってもらったようっかり。笑
兄貴、初犯で逮捕される。
あぁうちら初犯じゃないから。結構やってるから。笑

飲んだり食べたりしていたら、例のイベントが始まる。
ちょっと構えるタモ槙(タモはすぐに飯を食べ始めたけど。笑)
だっててんこの頭上には窓がある。
くる。きっとくる。
後ろを気にしながら飯を食らう。ちょっと火傷。爆
しかしなかなか来ないモンスター。
イベント時間が超長い。暗いよはやく元に戻して!
警戒心を解いて飯に夢中になる。
奴が現る。
窓から絶対届かないだろうというとこで縮こまる。
斧を突っ込んでくる。
ちょ、やめてぇぇぇぇ!!!!
来ないでぇぇぇぇ!!!

いなくなる。
入り口から入ってくる。
兄貴動じない。
飯食ってるタモが狙われる。
タモさん気にせずご飯ご飯。つかご飯を守る。笑
去っていく。
また入り口に現れてタモを凝視。
タモ気付かない。笑
兄貴が奴を指差す。
タモ、奴の存在に気付いてビクッとなる。笑
そうこうしているうちにイベント終る。
ホッ・・・
さぁ次は私を祝う番よモンスターめ!笑

と安心しきっていたら兄貴が手をヒラヒラ。
「?」と振り返るタモ槙。
ギャーーーー!!!
奴がこちらを見つめていた。
ケーキをもってミニスカとやってきた。笑

うわははぁいv(単純)

060804_1843~01001001.jpg


ちょ、本名間違え気味なんですけど。笑


ろうそくの変わりに花火。
消えないうちにモンスターとチェキ。
タモ槙が写メろうと携帯を構えた途端消える。
・・・・沈。

暗くてあまり綺麗じゃなかったので小さめ画像で。
兄貴と同化気味のモンスター。笑
斧振りかざしとる。笑

060805_1714~01.jpg



バイバイモンスター。
近くで見ても遠くで見ても怖かった。
顔の形が好みじゃなかったよ。笑
でも祝ってくれてありがとう!
次はもうちょっと丸めのモンスターにしてください。笑


話題は『どうやって可愛いお姉さんにメニューの「萌え萌え」を言わせるか』
しかし注文をとってくれた兄ちゃんはちょっとゴツめ。
しかも「萌え萌え」を抜かしやがった!爆
タモさんモヤモヤ。
メニューを「もやもや」にした方がいいと怒りだす。
「ねぇもう一個頼んでもいい?」と言い出す。笑
でもそれを食べたいわけじゃなく、聞きたいだけでした。笑
タモを制止した後、忘れた頃に「萌え萌え」がやってくる。
しかもお姉さんが持ってきた!
こここ、これは!!
「こちら『萌え萌え○○』になります」
タモガッツポーズ。笑
てんこと兄貴ニヤリ。
お姉さんが行ったあと拍手が起こる。
しかしこれがあんまり美味しくなかった事実。爆
もう一個頼まなくてよかったよタモ。笑

兄貴、トイレへ。
ちゃんと戻っておいでね迷わないようにね。笑
タモ槙うだうだもぐもぐ。
と、!?
なんか触れたなんか触れたなに何ナニなに誰!!!
ものすごい形相で振り返るてんこ(タモ談)
頭上の窓から兄貴が頭を触ったらしい。
まじびっくりしたまじびっくりした心臓飛び出た!!
ちょ笑ってる場合じゃないよこべたもキィィ!!



わいわいやって、そろそろ出所の時間。
ちょっと太っ腹兄貴素敵!笑
約一名赤ら顔でご一行退散。。。
駅に向かって歩いていたら、「ティラミス忘れた!」とこべくん。
「こべくんひどいぃぃぃぃ」タモ絶叫。笑
すいませーん出戻りでーす。笑


無事ティラミス(タモ作)を奪還し、
また会おうねとタモさんバイバイ。
その後、旅の話やら東京話やらいろいろ聞きながら
博多駅までこべくんを送り、帰路についたのでありました。




すごく楽しかったです!
うっかり誕生日も祝ってくれてありがとう二人とも!!笑
また集まる予定があるのが嬉しいです。
1ヵ月後またよろしくね~^^v


ちょっとしか飲んでないのに今日の朝はオカマ声でした。
そのまま授業しました。爆
スポンサーサイト

2006.08.05 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。