上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 


聞け、これがスウィーニードット!
燃やせ復讐の火を!


この日は昼過ぎまでグダグダ寝てしまい、
15時集合だから余裕とか思ってたら全然余裕なくなって
結局ギリギリバタバタな感じで家を出ました(相変わらず)
ていうかお互いそんなこんなで
結果集まったのって1時間後みたいな。
そういうのありすぎだよねうちら、ってかあたし。反省ぃ。
いい加減にしたいと思います。

 
さて集合してどうしたかってーと、
まず梅のところへ向かい(お前ら出没しすぎだから!)
スキンケア試供品をいただいてキャッキャして
就活用なリップほしいよ来月マジ買いあさり来よってなって
気付いたらバスでの所要時間勘違いしてたみたいで
バタバタと軽い御飯買ってバスセンターへ向かいました。
いざゆうくんのもとへレッツゴー☆
先刻かったぎゅぎゅっとコラーゲンが
細い高いまずいでタモさん大変ご立腹だった。笑

途中で雨降り出して傘持ってってなかったてんこショック。
小倉に着いていそいそタクシーひろう。
リバーウォークについて運転手のおっちゃんにいろいろ尋ねる。
キャナルつくった人と同じだよと言われるが、
「・・・誰?」みたいな状況。
一応市民だから知っとこうよ、みたいに言われた。
うちらギャィギャィ言った。お恥ずかしい。笑


そしてとうとう辿りついた・・・!
とかって余韻に浸ってるヒマもなく猛ダッシュ。
時間ないトイレ行っときたい時間ない時間ない!!
とりあえずギリギリ間に合い、
席は端のほうではあったけど結構前の方でよく見える。
さすがはS席だと思いました。
ゆ、ゆうくんゆうくんゆうくんハァハァハァ


以下ネタバレ。
ていうかきっとかなり絶対ウザいんで
スウィーニー行った方とかゆうくん好きな方は、
心がほんとに広い方のみご覧下さい。笑




始まった瞬間からタモと手を握り合う。
これテニプリ映画のときもやってたよ
出番になると爪痕つくほど激しく握るっていう。笑
だってきゅんとする!!!


ミュージカルの内容なんですが。
おおまかに言うと、

判事に美しい妻(と娘←赤ちゃん)をとられ
無実の罪を着せられ流された理髪師ベンジャミンが
15年後、若い水平アンソニーに助けられ町に戻ってきて
名前をスウィーニートッドと変えて
判事に復讐するといったお話。

判事は養女にした娘ジョアンナに惚れて結婚申し込むし
アンソニーとジョアンナはいつの間にか逢引してるし
ていうかゆうくんアンソニーなんだけど超ウザくてマジ可愛かった
ジョアンナはソニンですけどキスシーン3回中2回はちゃんとしていた気が。
タモと手を握り合ってキィィィ!ってなった。
しかしゆうくんもソニンも歌ウマス。
あれ、だいぶ話がそれた。笑

とにかくアンソニー超うざい超うざい
だって歌が「僕を見て!見て!見て!!」みたいな感じで
超落ち着きなくサルみたいに走り回ってたんだよクソ可愛い。笑
ジョアンナと歌でキスミーって掛け合うところがあるんだけど
最初アンソニのパートで3回キスミーはスルーされ(笑)
次にジョアンナからキスミーって3回言うんだけど
アンソニの答えがイチイチ
「ほんとう!?」「いいの!?」「するよ!!」だったんだよ
マっジウゼー!!!爆笑
最終的には脱いでベットにダイブしたからね!
あの子絶対やる気満々だったからね!!笑
くっそ可愛い!ウザい可愛い!!
タモとぎゃぁぁってなった。


で、メインは大竹さんとか正親さんだったんだけども
マジこれほんとグロい話で
判事を殺す練習としてスウィーニートッドはいっぱい人殺して
パイ屋のおばさんはその人の肉をパイの中に入れて売るっていうさ。
あまり想像したくない感じなんだけど
やはし大竹さんや正親さんは歌だけでなく表現や笑いも上手くって
見ていてそこまでグロさを感じなかったしむしろ楽しかったよ
それってすごいなぁって、思ったのです。
タモは「大竹さんってはやくしゃべることできたんだ」と呟いておりました。笑

や、最後はすごく「えっ!?」て感じで終わっちゃうんだけども
最後になってそれぞれのキャラの重要性が明らかになって
モヤモヤしつつもふぅんそうなんだ的な感じでした。
いや、でもやっぱセットから音響から役者さんからすごいよかったよ!!
歌も半音ばっかりですっごい難しくて
逆にそれが耳に残るんだけど、でもうまく歌えない感じでした。
ごめんね私説明がほんと下手くそだから
なにひとつ人には伝わらないんだろうけど
とりあえず壮絶さだけは伝わったらいいなと。笑
そんな感じでございます。


行ってよかったよー!
できるならばもう一度行きたい。
昨日が大千秋楽だったらしいですお疲れ様!!
でもなんか寂しい!!!
ミュージカルが終わった後、
スタンディングオベーションで
カーテンコール4回ぐらいやってくれた。
まじサービス良すぎる!!!
ゆうくんもクルクルまわってました。笑
そうやって何度も何度も出てきてくれて、すごく一体感を感じました。
カーテンコールも終わった後、私たちは最後まで劇場に残ってた。
拍手とかで熱くなったからだと
感動で背中がゾクゾクした感じがずっと続いてて
心から満足しました。
心地よいゾクゾクだった・・・
こんなの感じれるミュージカルってそうそうないからね!
余韻にひたって、アンケート書いて
気付いたらうちら以外誰もいなくなってて
居残りみたいになってました(笑)




そしてどしゃぶりの中バスを待ちつつ
急にお菓子が食べたくなってバス来るかもな不安を抱えつつ
信号渡ってコンビニへ走っていき、
コンビに着いたら着いたで何買おうかお互い相当悩んで
すっごいギリギリな感じでバスに乗り、帰路へ着きましたとさ。


うん、すっごいわかんない文で申し訳なさすぎる!
質問はコメント欄に。笑
スポンサーサイト

2007.02.27 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。